Thursday, December 22, 2016

2016年12月22日

<海と水>

水環境研究室の手束です。
 
12月22日(木)、今年最後の講義日の様子をお伝えします。
今日の危機管理事務室は、クリスマス仕様の職員さんが活躍していました。
1階のテーブルにはクリスマスプレゼント(お菓子)が置かれ、学生さん達がうれしそうな様子で手にとっていました。素敵であったかい演出、ありがとうございました。
 


学科のパンフレット置き場もクリスマス仕様







一年生の教養ゼミナールでは、4年生や大学院生の先輩達から、大学生活や勉強のアドバイスをいただきました。入学して9ヶ月が経ち、大学生としての悩みや将来の不安などがでてきた頃だと思います。先輩方と話すことで、各々、何かを得ることができたようでした。
先輩の皆さん、卒業研究をまとめている時期の貴重な時間を割いて頂きましてありがとうございました。

4人の先輩からのメッセージを受け取りました!
 
少人数になって、沢山質問をしました!
 
 
 
おまけ
水環境研究室のマスコットキャラクターもクリスマス仕様でした☆
 
 


Tuesday, December 6, 2016

水のミステリーが記事になりました!

<海と水>
 
水環境研究室の手束です。
11月の学園祭で水のイベントを開催したときの記事が12月2日(金)の大衆日報に掲載されました。
 
いつも千葉科学大学の活動にペンの力で応援をしてくれる記者さんが、丁寧にイベントの様子を書いてくれました。ありがとうございます。
  
今回、環境危機管理学科の展示・講演・実験を学園祭で初めて行ないました。
手探り状態でしたが、自分が良いと思うことを皆でやってイベントの成功に繋げたと思います。
参加した学生スタッフの感想を、新聞記事と共にご紹介します。
 
★今回、水のミステリーにスタッフとして参加して、高校生にむけて大学ならではの実験機器等を用いて、科学実験の楽しさについて伝えられたことは非常に有意義な時間であったと考えます。また、地域の人々にも水の不思議や学科の紹介ができて、大学がより身近に感じられるように努めました。今後はさらに地域の方や高校生に科学についてより魅力的に伝えていきたいと考えます。
 
★水のミステリーに参加して頂いた一般の方々の皆さんありがとうございました。今回は、水や風力、鉱物、温泉などの様々な分野の研究に触れたことや体験できたことは貴重な経験ができたと思います。その中で知識や考え方などスキルを身に付けたり、研究に対する「興味」や「楽しさ」というものが広がっていればいいです。この経験を活かして、いろいろなことにどんどん挑戦してほしいです。
 
水のミステリーを開催してみて、当初はあまり一般の方々に来場してもらえないのかなと心配していました。しかし、自分が想定していたよりも多くの人が来場してもらい、水に関して興味を持っている人が多いのだと感じました。準備や企画を行っていくうえで大変な事ばかりでしたが、一般の方々に環境危機管理学科はどんな事を研究しているのか、そして身近にある水に興味を持ってもらえたので水のミステリに参加できて良かったと思います。
 
 
 
 


Monday, December 5, 2016

第11回千葉科学大学クリスマスコンサート


今年もクリスマスコンサートの時期がやってきました~☆~☆~

環境危機管理学科のメンバーも活躍します!

3年生のF君が総合司会
裏方のリーダーは3年生のY君
4年生のI君は、ギターの弾き語り
合唱サークルコールマリーナのメンバーとして、1年生のKさんが歌います

今年の目玉は、なんと言っても塚本先生のバンジーチャイムです!
お客さんと一体となって音楽を楽しむ企画
世界一なげやりな音楽で盛り上がりましょう!

教員有志の合唱では、坂本先生と手束が歌います

12月16日(金)18:00- 
防災シミュレーションセンター

☆ご来場お待ちしてます☆