Monday, June 19, 2017

第一回オープンキャンパス報告

オープンキャンパスへご来場の皆様、ありがとうございました。

学科紹介コーナーでは、大学生達が来場者の皆さまに学科を紹介をしました。
実験コーナーでは、少々危険なのでゴーグル&手袋をつけて虹色ストラップを作成しました。
ラボツアーでは、好適環境水の大型水槽・実験室・ゼミ室を見学したり、学部棟から一望できる雄大な景色を楽しんでもらったりしました。









次回のオープンキャンパスは7月23日(日)です。
実験イベントはちょっと体力がいる内容となっています。
楽しい企画を用意してお待ちしています。

Friday, June 16, 2017

オープンキャンパスの準備 その3

今週の日曜日(6/18)は大学の第一回オープンキャンパスです。

今日は準備の最終日。
環境危機管理学科のブースを学生さん達とともに作りました。
学科のテーマは、好きなことを仕事にする学科・∞・好きを探す












☆彡 メインの学科ブースでは、虹色ストラップを作る実験を参加者の皆さまと行います。

☆彡 一回目のラボツアーに参加すると、好きなことを学んで好きな仕事に就ける理由がわかります。

☆彡 二回目のラボツアーでは、卒業後に得られる資格について詳しくわかります。


好適環境水の水槽も豪華になり、海水魚と淡水魚が共存する様相がさらに見ごたえのあるものになりました。水生生物やアクアリウムに興味のある学生さんにお勧です!
環境機管理学科のラボツアーでは、専門家が丁寧に解説します。
今日も、癒し系金魚が元気に泳いでいました。




















オープンキャンパスの詳細はこちら
http://www.cis.ac.jp/opencampus/index.html

Wednesday, June 7, 2017

オープンキャンパスの準備 その2

6月18日(日)のオープンキャンパスの準備が進んでいます。

環境危機管理学科では、「環境が豊かな銚子らしい実験&手作り」をしつつ、学科の紹介をする計画です。もちろん、作ったものはプレゼント!

学生さんがお試し実験をしてくれました。
とても綺麗な実験で、わくわく&感動すること間違いなしです!
是非、体験してみてください。



 






学科の紹介をするポスターの準備も着々と進めています。





















見てわかるように、環境科学コースの6つのプログラムを象徴する絵を学生さんに描いてもらいました。その中で生まれた不思議なキャラクター、、、、名前はまだない。
泳いで、実験して、とてもアクティブなこの魚?













さぁ、環境危機管理学科のブースにいるこのキャラを見つけてみよう!

オープンキャンパスの詳細はこちら
http://www.cis.ac.jp/opencampus/index.html

Friday, June 2, 2017

化石見学

環境危機管理学科の鉱物・化石プログラムの活動報告が、2年生のK君からきました。

============
突然ですが、あなたは化石が好きでしょうか?私は小さい頃から化石が好きでした。
恐らく、あなたも小さい頃に大迫力な化石の展示を見て、ロマン溢れる化石の世界に浸った
ことがあるのではないでしょうか。

先日、大学付近のある場所へ行って化石の見学をしてきました。
その日のメンバーは、学科の鉱物・化石プログラム担当の八田先生と2年生3人の計4人でした。
その時に観察することができた化石(転石)を紹介します。

 
 Cuspidaria hindsiana (A.Adamas)
(ツギノシャクシ)
(転石)

 
Portlandia japonica (Adama and Reeve)
(ベッコウキララガイ)
(転石)
 
今回、観察できた化石は少なかったですが、貴重な経験をすることができました。
また見に行ったら報告をします。
 
環境危機管理学科2年生 T. K
=============
 
 

Wednesday, May 31, 2017

第2回犬吠埼温泉研究結果発表会

水環境研究室が取り組んでいる調査・研究の一つに、犬吠埼温泉協議会・銚子市からの依頼で行なっている犬吠埼温泉の価値を創出するための研究があります。

昨年は、平成27年度の研究として下記の内容を報告させて頂きました。
★ 犬吠埼温泉の3本の源泉は、全て泉質が異っている。
★ 犬吠埼地域の源泉は、保湿効果がある。

今年は、5月30日に平成28年度犬吠埼温泉研究結果発表会を開催し、薬学部の平尾先生・山下先生と共に研究成果の報告をさせて頂きました。

今回の報告では、源泉の年代測定を行なった結果、犬吠埼温泉は「1万~2万年前の化石海水」であることが明確になったことを説明させて頂きました。






























”保湿効果”があるだけでなく、 ”地中に眠っている間にミネラル成分が変化した古代の海水のお風呂”、浪漫があるなぁと感じるのは私だけでしょうか。

水の年代を測定した温泉は珍しいので、犬吠埼温泉の良い宣伝となることを期待しています。
今回、研究成果として面白くなりそうな結果もでてきているので、今後が楽しみです。

Wednesday, May 24, 2017

オープンキャンパスの準備  その1

6月18日(日)開催のオープンキャンパスの準備を開始しました。
この日のテーマは、学科との出会い~君にぴったりの学科を探す~

環境危機管理学科は
”好きなことを学び、好きなことを仕事にする”をコンセプトに
各コースやプログラムの紹介をする予定です。

現在、当日に参加者の皆さんと行う実験のアイデア出し&予備実験を行っています。
環境らしく、危機管理らしく、面白く、安全で、学科の紹介になる実験・・・・・

攪拌
加熱・分解













上の写真は、今日のお試し実験の様子(料理中ではありません)です。
まだまだ検討の余地がある結果でしたが、凄く面白くなりそうなので、
改良をして後日再チャレンジしてみます!

オープンキャンパスの詳細はこちら
http://www.cis.ac.jp/opencampus/index.html

面白い企画を準備して待ってます!

Sunday, May 7, 2017

銚子で遊ぶ~ハーブガーデン~

水環境研究室の手束です。

皆さん、ゴールデンウイークをどのように過ごしましたでしょうか?
この休みに素敵な休日が過ごせる場所を見つけたので、研究室HPの”銚子の休日”に掲載しました。

~海のそばのハーブ園~ハーブガーデンポケット
 https://sites.google.com/site/tezukalab2013/choshi




一年ぐらい前に来た時よりも素敵にリニューアルされていました。
今の季節はカフェテラスが気持ち良く、ブレンドしたハーブティーがとても美味しかったです。
海風に負けないハーブを知ることもできるハーブガーデン!
入場料は無料

大学周辺のマリーナとは違う銚子の風景を楽しんでみてください☆

Friday, April 28, 2017

実験レポート

水環境研究室の手束です

今日はGW前日!
休みに入る前にやっておきたい事を終わらせるためパソコンに向かっていると、
GW明けに締め切りがある化学実験のレポートの質問に学生がやってきました。

金属の定性分析の基本は高校の化学で勉強をしているので、カラフルな高校の教科書がとても分りやすく、参考になります。教科書を開けて説明をしていると、さらに学生がやってきて、私のデスクの横でプチ勉強会となりました。



私が学生の時も、レポートを書いている同級生を見つけて分からないところを教えあったりしたなと、懐かしく昔のことを思い出すひと時でした。

さて、他の学生さんのレポートはどうなっているんでしょう。
GW明けが楽しみです。



Friday, April 21, 2017

今年も採水調査をスタートしました

<海と水>

 2014年から開始した銚子周辺での採水調査も3年目に突入しました。
昨年度、これまでの採水データーの一部を千葉科学大学紀要に報告させていただきました。
ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
本日、採水にご協力いただいている方々に、やっと論文をお渡することができました。
皆さん採水調査に伺った学生との思い出があるようで、形となるものお渡しできてよかったと改めて感じました。
今後も調査を継続し、データの蓄積を進めていく計画です。


今年度は、新3年生の女子学生さん達が中心となって調査に行きます。
今日は気持ちの良い天気だったので、色々な場所で市民の方々とお話をする機会に恵まれました。

 
周りの虫達にちょっと警戒しつつ、調査を進めていくようです。
 
皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。
 
水環境研究室一同

Friday, April 14, 2017

千葉科学大学×銚子のブランド発進

千葉科学大学の研究力と銚子の魚ブランド力がコラボレーションし、
2016年度、文部科学省の私立大学研究ブランディング事業に採択されました!
 
千葉科学大学では、水産業の盛んな銚子市をモデルケースとして、 岡山理科大学が開発した「好適環境水」等の新技術の応用により、次世代型陸上養殖技術を用いた「フィッシュ・ファクトリー」(魚類生産工場)のシステムの開発を行ないます。 
 
近い将来、
⇒ 生産物を「大学発のブランド水産種」として日本、世界に発信!
⇒ 新たな水産業創出に取り組み、地域社会の発展に貢献!
 
http://www.cis.ac.jp/branding/index.html
 
 
先日、私立大学研究ブランディング事業の第1回 講演会が行なわれ、
現在までの好適環境水の研究内容の説明や新たな研究展開の話がありました。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 
4月11日(水)

<プログラム>
 経緯説明(千葉科学大学 伊永教授)
 学長挨拶(千葉科学大学 木曽学長)
 特別講演
   「好適環境水に関する既往の研究紹介」
          (岡山理科大学 山本准教授)
  千葉科学大学 研究ブランディング事業紹介
                    (千葉科学大学 小濱准教授)
  特別講演
       「ブランディング事業への安定同位体比分析の応用」
          (北海道大学 力石教授)
 
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  
 
 懇親会の様子

各方面の専門家が集結
 

もくずがにを試食しました




カニのお味噌汁、絶品でした
 
若い力も集結しています
好適環境水って何?と思った方は、
千葉科学大学の危機管理学部棟1Fまたは銚子駅入り口に設置している水槽を訪れてください。
良く見てみると、海の魚と川の魚が一緒に泳いでいることに気がつくと思います(^^)

Thursday, April 6, 2017

2017年度 新入生一泊研修

環境危機管理学科きのこ研究室の糟谷大河です。ひさびさの投稿です。2017年度は,1年生のチューターをしています。4月5日~6日は千葉科学大学の新入生一泊研修がありました。千葉科学大学では,入学式前に大学に慣れ,新入生同士の交流を深めるため,毎年一泊研修を行っています。今年は,環境危機管理学科は動物危機管理学科,航空技術危機管理学科との合同研修でした。

初日は大学で,学科の活動紹介,新入生,教員や先輩となる在学生の自己紹介や,授業の時間割作成などを行いました。その後,大学から,愛宕山の地球の丸く見える丘を越えて,宿舎である犬吠埼の太陽の里まで,ぞろぞろと歩きました。

新入生の授業時間割作成をしています。先輩の在学生が個別にアドバイスをします。

夜は太陽の里でのんびりと過ごし,新入生同士,いろいろな話をして仲良くなったようです。翌日は宿舎から犬吠埼まで海沿いの遊歩道を歩いて,犬吠埼灯台のまわりをぐるりと一周しました。

犬吠埼灯台を目指して,てくてく歩きました。

三学科での集合写真。
 
環境危機管理学科での集合写真。

その後,大学に戻り,在学生が新入生を引き連れてキャンパスツアーをしました。講義棟,食堂,図書館,体育館など,これからの大学生活でお世話になる施設を周って,在学生から大学生活のアドバイスなどを受けました。

小グループに分かれ,キャンパスツアーに出発!

キャンパスツアーでは,ところどころでクイズを用意し,クイズの得点に応じて新入生は豪華?景品をゲットしていました。
 
新入生の皆さんにとって,これからの4年間の大学生活が充実した楽しい時間になるように,お手伝いしたいと思います。

Wednesday, March 29, 2017

卒論生の多い年

縫村ゼミの卒論生は去年は1名だったのですが、今年は6名となぜか多く。多くの卒論生指導を行った経験が無かったため四苦八苦といった一年でした。

卒論のテーマは

  • 千葉県の地形、気候の相関性
  • 群馬県におけるダウンバーストの発生環境場
  • ひまわり8号を使用した関東平野で発生する雲列と午後の降水との関連
  • 千葉県銚子市沿岸における風による塩分輸送
  • 富山県魚津市における上位蜃気楼発生日の気象環境
  • 千葉県夷隅地域における周辺環境が気温に及ぼす影響の評価

と実に多様で、専門外の内容を一緒になって勉強しながら指導するといったような感じでです。

卒論テーマとして自分の専門分野で内容を決めて、これやりなさいという方法ももちろん良いと思いますが、このやり方だと学生が興味を持ったものをテーマに挙げてくるので楽しんで研究を進められるのでまあ良いかなと思っています。


学位記授与式のあとの記念撮影


Tuesday, March 28, 2017

最後の晩餐はピザ

水環境研究室の手束です

3月25日、2016年度の卒業証書授与式が行われ、
手束研究室からも4人の学生が卒業をしました。














今年度も、卒業式前日に実験室の片付け、データの整理などに追われている学生さんがいました。ということで、夜は卒業生・後輩・後輩と共にピザを食べて、4年間の締めくくりとしました。
こうやって同じメンバーで机を囲む、学生時代の何気ない時間は二度と来ません。
いつか、あのときみんなでピザを食べたなって誰かが思い出すんでしょうね。
楽しい思い出の一つになりました。
















荒れ放題だったゼミ室もきれいに片づけ、経つ鳥跡を濁さずを実行してくれました。


私が千葉科学大学に来た年に入学した学生さん達が巣立ちました。
私自身がどれだけのことを皆さんに伝えることができたのか?
今はわかりません。
これからの皆さんの活躍が証明してくれると思います。

元気で、楽しく、有意義な人生を送ってください。

Monday, March 20, 2017

春の学会活動(水環境研究室)

<海と水>

水環境研究室の手束です。
毎年、3月の中旬は研究発表・情報収集のために、日本水環境学会の年会に参加をしています。



















 
今年度は昨年度に続き、大学院生の遠藤君がポスター発表を行いました。
ポスター発表の様子




















今回の開催場所は震災から11ヵ月経った熊本でした。街の中心は通常の生活を取り戻していましたが、地面の亀裂や隆起の痕跡が残っていていました。日本の3大名城の一つである熊本城はテレビから得ていた情報以上の被害でした。今は、石垣を復旧するための活動が行われていて、石垣一つ一つの元あった場所を確定して並べていく地道な作業を行っていることが説明されていました。早く、すべての人の日常が戻ってくることを願っています。
位置番号が書かれている石垣の石














学会の会期中に、震災時の給水活動の拠点となった上水センターに行ってきました。熊本市の飲料水の殆どは自噴の湧水から供給されています。地震直後の2,3日は水が濁ったそうですが、震度7まで耐える設計の緊急貯水池が無事だったので、地震直後から給水活動が行われたそうです。
熊本市には110カ所の上水用井戸があるそうです


勢いよく自噴する井戸
























学生さんと一緒に、熊本の名物を食べて英気を養ってきました(^^)
馬肉・からしレンコン・ぐるぐる

元祖熊本ラーメン こむらさき

Thursday, March 16, 2017

銚子地方気象台での講演

縫村です。

今日は銚子地方気象台にお招きいただいて雪氷学の気候変動に関する講演をしてきました。




講演後は屋上の観測施設や現業の様子、露場(下の写真)なども見学させていただきました。銚子はあまり雪に縁の無い地域ですが一応、雪の観測装置もあります(左奥と左手前)。



新年度になったら学生を連れて見学に伺おうと思います。

Saturday, March 4, 2017

材料合成を学ぶ旅

<海と水>

水環境研究室の手束です。

只今、大学は春休みで、殆どの学生が帰省したりアルバイトをしたりしています。春休みという制度はあくまでも学生に対応するもので、教員に春休みはありません。この時期は普段できない仕事や研究をしているので、以外にも大忙しです。

講義のないこの時期は、学生も私も研究の底上げをするためのまとまった時間を取ることができます。そこで今年度は2月27日,28日の二日間、筑波学園都市にある産業技術総合研究所へ材料合成を学びに行ってきました。

急遽、追加実験を行う準備中



分析中



丁寧なご指導、ありがとうございました

二日目の帰りに、お隣の敷地にあるJAXAを見学しました。
学生だけでなく、手束も宇宙に興味深々です。
宇宙兄弟の影響が大きいんでしょうね。以前よりも見学内容が充実し、見学者も沢山来ている印象を受けました。
昔、宇宙開発研究に合成した材料を提供したことがあります。またそんな機会があったら楽しいだろうなと思いつつ、久しぶりの見学を楽しみました。

ペンシル型ロケットからの進化に驚きます











宇宙食の自販機登場!














宇宙飛行士選抜試験過去問題のホワイトパズルを購入


Sunday, February 12, 2017

メダカの引っ越し大作戦

<海と水>

銚子駅の一番ホーム横で飼われていたメダカが、銚子駅の改装のため住処を失ってしまうという話を聞き、学生と話し合い、一部を大学に引き取ることにしました。

水環境研究室では、水生動物が住む環境を整えることも重要な学びとなります。
水環境教育のスタッフ&癒し担当としての活躍を期待します。

引っ越し大作戦のリーダーと副リーダー、メダカと鯉の新居を製作中



住まいを追われた鯉の金さん銀さん、新居の1階に入居予定
仮住まい中












メダカが来たー!
この中にメダカが??繊細な捜索作業がつづきます












4,5十匹いそうですね~











病気予防のため、お魚ドックに一日滞在


メダカの引っ越し完了!
二階の住人になりました。



















少しづつ住みやすい環境に整えていく予定です。

駅メダカは急ぎ大学に引っ越しをしてきましたが、
是非飼いたいという方にはお譲りしていきます。
*連絡は危機管理学部の手束まで